1. TOP
  2. 医療制度について
  3. こんなとき給付が受けられます
  4. 後期高齢者医療 医療費のお知らせ

後期高齢者医療 医療費のお知らせ

医療費のお知らせ(医療費通知)とは

後期高齢者医療広域連合では、被保険者の皆様の医療費や健康に関する理解を深めていただくために、受診された医療機関からの請求書(診療報酬明細書)に基づいて医療費のお知らせ(医療費通知)を作成しています。

お手元に医療費のお知らせが届きましたら、内容を確認していただき、ご不明な点や誤りがあった場合は香川県後期高齢者医療広域連合までお知らせください。ただし、傷病名や薬剤名などの診療内容については、回答できませんのであらかじめご了承ください。

 

○対象者   香川県後期高齢者医療の被保険者のうち、保険診療を受けられた方

○内容    受診年月、医療機関等名称、診療区分、日数、費用額(医療費の総額)、

       自己負担相当額、食事・生活療養費(回数、費用額、標準負担額)等

○通知時期  8月(前年11月診療分~4月診療分)

       2月(前年5月診療分~前年10月診療分)

※平成30年度発送分のみ8月(1月診療分~5月診療分)、2月(前年6月診療分~前年10月診療分)となりますのでご注意ください。なお、医療機関等からの請求が遅れる場合等により、表示の対象期間内に受診していても記載されないことがあります。

 

医療費のお知らせは、医療費を納めていただく請求書や支給額の通知ではありませんので、特に手続を行っていただく必要はありません。医療費のお知らせを無くさないように大切に保管してください。

 

医療費控除に医療費のお知らせ(医療費通知)が使用できます

医療費のお知らせは、確定申告による医療費控除を受ける場合の「医療費控除の明細書」として使用することができます。

ただし、医療費のお知らせは、医療費データの処理上、11、12月の診療分が記載できません。確定申告による医療費控除を受ける場合、本医療費通知に加え、11、12月診療分の領収書(医療機関等が発行のもの)を添付する必要があります。この場合、医療費領収書は、確定申告期限から5年間保存する必要がありますのでご留意ください。また、医療費控除の対象となる支出で、この通知に記載されていないものがある場合にも、同様の対応をお願いいたします。

なお、医療費控除の申告に関することは所轄の税務署にお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。